収入が、ほったらかし状態で432%アップしました。
最後のダイエット 一生もののダイエット

骨盤たたきダイエットのやり方

骨盤たたきダイエット・下腹引っ込めたい体操

骨盤たたきダイエット・下腹引っ込めたい体操

仰向けに寝て、両足を肩幅くらいに開きます。両腕を左右に広げて手の平を上にします。

鼻から大きく息を吸いながら、つま先を上にして(つま先を伸ばさない)かかとを押し出すようにグッと力をいれ、両腕も思いっきり伸ばします。

伸ばしきったら息を止め、そのまま我慢します。
(筋肉は適度に力の入った状態で)

苦しくなったら一気に「プハァーッ」と息を吐き、全身の力を抜きます。そしてその状態で10秒間くらい呼吸が整うまで静止して修了します。

2番目の体操は、一番目の体操の後にする共通の体操の骨盤トントン体操です。
骨盤をたたいてユガミを調整し、開いた骨盤を閉める効果があります。
この体操にも、ダイエットやヒップアップ効果があります。

骨盤たたきダイエットのやり方

骨盤たたきダイエット・太もも細くなりたい体操

骨盤たたきダイエット・太もも細くなりたい体操

最初に自分の利き脚を調べます。片足立ちがしやすい方を利き脚とします。仰向けに寝て、利き脚を出来るだけ大きく開き、腰が浮かない所まで戻します。

開いたまま、その脚を上げていき、上体も近づけ両手で膝裏を持って、鼻から息を大きく吸いながら更に引き寄せます。

限界まで来たらその状態でバランスを取りつつ息を止め、脚は降ろそうと力をいれ、腕は引き寄せようと力をいれてください。

このとき上げた足は、一直線になるようにして、お尻を浮かさないで、つま先を見るようにしてください。

苦しくなったら「プハァーッ」と一気に息を抜いて、同時に力も一気に抜き、仰向けのままダランとします。
10秒くらい呼吸が整うまでそのままにして、終了します。

2番目の体操は、一番目の体操の後にする共通の体操の骨盤トントン体操です。
骨盤をたたいてユガミを調整し、開いた骨盤を閉める効果があります。
この体操にも、ダイエットやヒップアップ効果があります。

骨盤たたきダイエットのやり方

骨盤たたきダイエット・骨盤トントン体操

骨盤たたきダイエット・骨盤トントン体操

最初の体操の後にするのがこの骨盤トントン体操です。

骨盤をたたく事よりユガミを調整し、開いた骨盤を閉める効果もありますので、骨盤トントン体操だけでも、ダイエットやヒップアップ効果が期待できます。

うつぶせに寝て、床に両腕で頬杖をつき、両足は肩幅程度に開きます。
息を「フーッ」と吐きながら、片方のかか
とで痛くない程度の力でお尻を勢い良く「トーン」とたたきます。
今度は反対側というように、1秒間に一回の感覚で左右6回ずつ、計12回行います。

最後に、良く動く足のほうだけ3回たたいて終了します。
初めは、体が硬くてたたけなくても、そのうちたたけるようになりますので、かまわずに続けましょう。

骨盤たたきダイエットのやり方

ウェストくびれたい体操

ウェストくびれたい体操

床に座り、両足は肩幅に開いて伸ばし、両腕も肩幅に開いてまっすぐ前に伸ばす。このとき両腕は、床と平行に伸ばします。

この姿勢から、状態から左右にひねってみてひねりやすい方に大きくひねります。ひねったままで鼻から大きく息を吸い限界まで吸ったら息を止め、そのまま出来るだけ我慢します。

限界にきたら、「プハァー」と一気に口から息を吐き同時に力も一気に抜いて、ダランとなります。脱力するのでひねりもなくなり、うつむいて肩を落とした状態になります。

そして、仰向けに寝て力の抜けた状態で呼吸が整うまで10秒くらい静止して、この体操は終わります。

2番目の体操は、一番目の体操の後にする共通の体操の骨盤トントン体操です。

骨盤をたたいてユガミを調整し、開いた骨盤を閉める効果があります。

この体操にも、ダイエットやヒップアップ効果があります。

骨盤たたきダイエットのやり方

骨盤ダイエットをやってみよう

アピア均整院・院長、松岡博子

これまでに均整師として数多くの患者を救ってきた経験を生かし、3分行うだけで体型がみるみる

変わる
「骨盤たたきダイエット」を考案。

先月、出版された「骨盤たたきダイエット」の本はすでに10万部のベストセラーとなり注目を集めて

います!

骨盤たたきダイエットにはご覧のような3つのステップがあります。まずはステップ1の体型チェック!

床に縦30cm・横50cmの長方形を作ったら中心線を挟んで立ち、目を閉じて50回大きく足踏みをし

ます。

終了後の足の位置のずれ方で3つのタイプに体型を分類します。ではさっそく…

チェックで自分の体型が分かったら、それの合った体操を行います!!

体型チェックで脚が左右にねじれた方には

「太ももほっそり体操!」


(太ももどっしりタイプの運動】

※重心脚とは…ズボンや靴をはく時に先に出す脚の方です

1. 仰向けになり重心脚を大きく開く
2. 重心脚を上げてその脚を両手で持つ
3. その状態で息を吸いながら重心脚を上半身に近づける
4. 息が吸えなくなったら息を止め重心脚を床に戻そうとする
5. 両手は重心脚を上半身へと引っ張る
6. 苦しくなったら一気に脱力状態で床に寝る
7. そのまま10秒間動かずにいる
8. 上記を1回おこなう


そして、最後は「骨盤トントン体操」


【骨盤トントン体操】

※3タイプ別運動を行ったらすぐに骨盤トントン体操を行うこと!
1. うつぶせに寝る
2. 両腕でほ頬づえをつき、脚は肩幅に開く
3. 息を吐きながら片脚のかかとでおしりを叩く
4. 左右3回づつ6回行う(リズミカルにやって下さい)
5. 6回行ったあと、動かしやすい方の脚を3回さらに動かす

※ 骨盤たたきダイエットは1日2回(朝と夜に行うのが望ましい)までにして下さい


これで、本当に効果はでるのか?
もう一度体型チェックをしてみると…

なんと!先ほどよりもずれは小さくなったが逆方向にずれが…ちなみに体型チェックで前後にずれて

しまった人は下腹ペタンコ体操を行いましょう。方法は…


【下っ腹ポッコリタイプの運動】

1. 仰向けに寝て両足を肩幅よりやや広めに開く
2. 大きく息を吸いながらつま先を立ててかかとを押し出すように伸ばす
3. かかとを伸ばし切ったら息を止め両腕をのばし苦しくなったら息を一気に吐く
4. 脱力状態で動かず10秒まつ
5. 上記を1回おこなう


最後に先程の骨盤トントン体操をすればOK!

ちなみにこの前後にずれるタイプだった永井もこの体操で…ご覧のようにかなり改善されました

そして体型チェックで左右にずれてしまう人は、こちらのウエストくびれ体操をどうぞ!


【ウエストずんどうタイプの運動】

1. 床に座り両腕を床と水平に上げる
2. 背筋を伸ばしながら前に倒す
3. 倒したら左右にひねり、ひねりやすかった方に上体を大きくひねる
4. ひねった時に大きく息を吸う
5. 息が吸えなくなったら息を止める
6. 苦しくなったら一気に脱力状態で仰向けになり動かずに10秒まつ
7. 上記を1回おこなう

仰向けになり10秒間リラックスしたら、
最後はやはり骨盤トントン体操で

http://www.ntv.co.jp/shape/01_onair/060820/onair_02.html
(日本テレビのHPから引用しました)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。